2011年03月15日

土俵の真ん中で相撲をとる!

あ、どうも
みのる化成で3月末までインターンシップをしています、ヒロユキといいます。

今日もインターンシップ中のお話をします。

 みのる化成には朝会というものが存在します。
この朝会(朝礼?)なるものが一般的な企業ならどこでも行われているのか?
なんてことは分からないのですが、その朝礼の中では”今日の言葉”(だったかな?)本日意識して過ごす言葉があります。

 本日の言葉は「土俵の真ん中で相撲をとる!」 という言葉」でした。
これは、たとえ締め切りに十分すぎる余裕があっても、油断することなく、常に今日・今が締め切りであるという意識を持って事に当ろうという内容の言葉です。

 いや〜僕にはもしかしたら一番欠けている意識かも・・・
と思って聞いていました。

 朝会での言葉を聞いているとどれも自分にも思い当たる節があり、耳が本当に痛くなる思いがするのですが、こうやって毎日自分を戒めたり、士気を高めたり、ベクトルを合わせるためにやっぱり朝会は必要なのだろうと思います。

 今まで「土俵際」で相撲を取ってきてどのくらい人生損したことやら・・・
今日気づけてラッキーでした!”改善”していきたいと思います。
posted by ヒロユキ at 03:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

3/10のクレド

よし!
今日も元気に出社だ!!
今日のミッション「専務とタイ・中国の研修生とでラーメンを食べる。せっかく割いて下さった貴重な時間。必ず日本での思い出にしてもらう!!」
posted by ヒロユキ at 06:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

タイ人の就活

自分が就活の身だからこんなタイトルをつけましたが、別に就活事情の話じゃなイッス。
前に書いた”僕が思うタイ人の性格・気質”に大事なものを付け忘れていたので書きます。

 彼らは結構頻繁に転職をします。そして彼らはあたらしいスキルを求めて世界中で働きます。

 最近学生の安定志向や古き良き(悪しき)終身雇用制、会社に仕えるっていう感覚が少しある日本人にはうそだぁ~と思われるかもしれませんが、彼らはポジティブに転職します。

 ヌーさんに聞くと、スキル・ポジション・サラリーといったものはかなり重視するらしく、今いる会社と比べて15%の給料アップが転職するか否かの基準らしい。

 本当に彼らがすごいと思うのは、サラリーとポストのためかなり貪欲な事です。
彼らは日本で言うところの”高専卒業”らしいのですが、卒業した後は平日働いて、土日大学に行くそうです。そうしてスキルを磨き、給料を上げるんだとか・・・

 そして、いろんな企業で給料を上げつつスキルを鍛え、自分たちの豊かな生活のために頑張るのだそうです。

 こうかくと、「直ぐ辞めてしまうのか」と思われがちですが、本当に「大切なのはボスだ」とヌーさんは言ってました。何でも前の会社も日本人のいいボスが辞めたのが大きかったそうです。

 まぁ、そうかと思えば、エカさんのように30%給料が下がっても日本に興味があるから、と言ってやってくる人もいます。

 のんびりとした”タイスタイル”と少し厳しい”ジャパニーズスタイル”その中間の点が”ミノルタイランドスタイル”だ!とタイ人研修生の皆は言います。
 そうなんだよね〜どっちのスタイルに偏っても海外で日本の企業をうまく経営していくのは難しいんだろうな。

どうやったらお互いメリットのあるスタイルが築けるんだろう?
posted by ヒロユキ at 03:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。